Say the word, stella88, Dimension Pointに潜む8(もしくは永遠)について - Twitterボットはディーバの夢を見るか

Say the word, stella88, Dimension Pointに潜む8(もしくは永遠)について

2016/02/27 2:00

なんだか謎めいたタイトルですこと。

最初に結論から。
偶然のきっかけから、この3つ(Say the word, stella88, Dimension Point)は8で繋がっているのではないかという話。


3つの名前に潜む数字の8

  1. Say the word:発売日が2001年8月8日
  2. stella88:名前に88
  3. Dimension Point:ロゴのDとPが重なりあった下に8が横になったもの。もしくはインフィニティ(無限大、永遠)のマーク

何故こんなことに行き着いたのか。
きっかけはアルバム「LOVE ENHANCED single collection」に収録されているSay the word (new arrangement)を聞いていた時のこと。


Say the wordとstella88

冒頭の「Say the word〜」の歌声のあとに聞こえる楽器ってなんだろうと思い、こういうのってよくバイオリンで奏でられているのを耳にしたことあるけど明らかに違う音だし、シンセサイザーの音って言ったらそれまでなんだけどなぁ、なんて思って気になってwikiに何か書いてあるか調べてみた。でもそれらしきものはなく、一応作曲家と編曲者の名前をノートに書き記していたときにあることが目に飛び込んできた。

「リリース 2001年8月8日(CD)」
「小室哲哉プロデュースを離れた第1弾シングル」

Say the wordの発売日ってもしかしてstella88の88と関係があるのかも、という思いが突如浮上してきた。stella88とは、2015年に安室さんが立ち上げた個人事務所の名前。

Say the wordのwiki見るのなんて今に始まったわけではなく、これまでも何度も見てきているのに(しかも、数日前に書いたダイジェスト動画の記事を書くときにwikiで発売日を確認して、へー8月8日なんだ~(ゾロ目)って思っただけ)、今回調べた時は「発売日」と「小室さんから離れた1作目」の2つの文章が目が止まった。

その理由は、恐らく数時間前にアクセス解析の画面で「stella88」の文字を見たばかりだったからだと思う。

本日「_genic」発売。そして安室さんは個人事務所「stella88」の代表取締役になられた」という以前書いた記事が「stella88」の検索キーワードでの流入が多いことをたまたま目にしていた。

「Say the word」「stella88」「8という数字」「本人作詞」「独立」「ソロ20周年」など、頭の片隅にあったいくつかのピースが物凄い吸引力で引き寄せられてきて頭の中で思考の渦グルグル。

stellaという言葉についても調べた。
星(start)という意味のイタリア語。

何故この言葉を選んだのかについては、Dimension Pointもそうだけど、言葉の意味は分かっても、それを選んだ理由は言葉で語られる以外に知る術はないから考察は不可能なのでしない。

初めてstella88の名前を見た時に真っ先に思い浮かんだのは、ステラマッカートニーの名前。女性的でキラキラと輝いている感じだな〜という印象で、その後に続く88は安室さんの好きな数字なのかなと思ったりもしたけど、初めてstella88の名前を目にしたのが2014年の独立騒動の時の週刊文春の紙面なわけでそこには「西氏(ツアープロデューサー)の車のナンバーが88で統一」と書かれており、その刷り込みがずっとあったからか、当時は付き合っていようが(追記:後日談はこちら>>女性セブンが2014年の一連の報道に対し、西茂弘氏及び株式会社オン・ザ・ラインへお詫びを掲載 )共同経営だったりしても、双方どちらかの好きな数字を名前にもってくるのはあり得ると思っていた。

にししが何故8が好きなのかって話で、探偵女史が「2x4=8(ニシガハチ)」かな。と言っていたのは仰天。じゃぁstella88の8はそれで!(それときっと安室さんの好きな数字)と勝手に納得していた。

ともあれ、一昨日までstella88はにしし由来だと思っていたのが一気に崩れSay the wordが浮上。なんかもうワクワクしてきちゃって、ついでにずっと疑問だったDimension Pointのロゴについても考えてみた。


Dimension Point



2013年7月avex traxからエイベックス内で移籍という形で設置された新レーベル。

当時からずっと気になってたこと。
何故、DとPが1文字のように構成されているのか。

最初「R」と読んじゃって、Dimension Pointのどこに「R」があるんだろうかって探したぐらいで、namie amuroの中には「R」ないしなぁ〜とか思っていたけど、途中でDとPが重なって1文字になっているのがわかった。その後は特に深堀りせずに今に至るわけで、見てもよく分からないから書いてみることにした。

ヘッタクソなでぃめぽロゴを7つぐらい書いた後に気づいた。
縦線を書く、DとPの重なっているであろう膨らんでる部分を書く、そしてその下の部分

インフィニティマークが入ってる。そして8を横にしたようにも見える。1番近いのは2だけど。


∞ インフィニティ

∞ - Wikipedia
∞は無限を示す記号である。数字の8を90度回転したような記号である。「むげんだい」「むげん」「インフィニティ」「アンリミテッド」などと呼ばれる。

描くまで全然気づかなかった。
DとPの膨らみと、下にあるくるんとしたものは繋がっているのかと思ったけど独立していて、それもインフィニティマークを描くときと同じようにするとしっくりと描ける(ヘタだけど)ただ、なんでDとPを重ねようと思ったのか。

Dimensionは、(長さ・幅・厚さの)寸法、面積、広がり、容積、大きさ、規模、範囲、次元、程度、重要性などの意味。
これにPointが繋がるということは、広がりのある空間の中で照準を合わせる(指し示す)といったところかな。膨らみの中(空間)縦の線がポイントを指し示してるようにも見える。(この縦線、1にも見えてきた)そしてインフィニティ。


そんなことを考えていたら、あることが思い浮かんでしまった。
そう、安室さんが付けている指輪。
ファンスペの画像のためここには載せれないので長野GENIC2日目のメガネかけていて、赤いセーターの日の写真をご参照ください。

メガネみたいな指輪でかわいいなーなんて思っていたんだけど(なわけない)ティファニーのインフィニティでは?と言われていた。

指輪を思い出すまではふつーの謎解きみたいで楽しいなぁ〜って思っていたのに、突如指輪という概念が紛れ込んできちゃってこの写真を見た時に、えーーとこの指輪は自分で買ったのー、貰いものですかー、誰から?なんて下世話な思考を思い出すなど。(ストップ!)

8で繋がるSay the wordとstella88。8を横にしたようなインフィニティマークで繋がるDimension Pointと指輪。

これはちょっとゴリ押し感あるけど、Say the wordの「s」とstellaの「s」をどちらかをどちらかを反転させて重ねれば8。ここでやや疑問なのがstellaの「s」を大文字ではなく何故小文字なのか。これは考えても分からなかった。

なんだかSay the wordの歌詞にもつながっていき、とてつもなく永遠というものを感じる。

今回挙げた名前やロゴといった情報は今まで全て出尽くしてるもので、新しいものは1つもない。でも、ある1つの好奇心を起点に、目の前に1つもピースなんてなかったのに気づいたら色々な所からピースが見つかりパズルが完成していた気分。正しいか正しくないかは闇の中。だって安室さんは何も語らない。でも、語らないからこそ、たまに発動する思考コンボを炸裂させることができてとても楽しい。


あとひとつだけ見つかった接点。
相変わらず星野道夫さんの本を読み続けているんだけど、一応年代順に読もうと思って枕元に積んでいたんだけどズレちゃっているように思ったからこの間も見たけど再度wikiを見に行った。そしたらそこには「星野 道夫(ほしの みちお、1952年9月27日 - 1996年8月8日)」と書いてある。

この間wiki見た時に亡くなった日って8月8日だったのか(ゾロ目)。って思ったばかりだったのをその時思い出した。だからといって、安室さんと星野さんが繋がったとしてもそこには特に意味はない。(いまのところたぶん)

ただ、何度同じものを見たってそこに繋がるものがなければ、点と点の記憶でしかなかったものたちが、あるきっかけを持って眺めると実はそこには元から点と点を結ぶ線が引かれてた。この件で再度それのことに気付かされ、まだまだ知らないことはたくさんあるぞとワクワクした気持ちになった。一昨日のお昼にSay the wordの88を見つけて、1日半ぐらい頭の中でいろんなことを思い浮かべ、3時間ぐらいでブログを書く。書いてからもまだ思考は続いている。

この間、もしも安室さんのライブに行かなくなったら記憶の蓄積がなくなり、文章を書く機会が少なくなるんじゃないか、なんて大袈裟な心配していたけど全然大丈夫そうだ。むしろ楽しい。

それにロゴの由来とかめちゃ大好きで調べたりするんだけども、安室さんの場合はどこにも語られていないから、自分で考える機会ができただなんてとても楽しかった。いやはやおせーよ!!!でぃめぽのロゴは2013年に発表していたからね。

このサイト眺めてるのとか最高。
ブランド・社名・ロゴマーク由来辞典

それにたくさんでぃめぽロゴを書いていたら上手く描けるようにもなってた!って思ったけど、ちゃんとしたロゴ並べてみたらそうでもなかった…
Twitterボットはディーバの夢を見るかさん(@twbotdiva)が投稿した写真 -

あ!そういえば、最初の疑問だったSay the wordの冒頭の楽器って何?!


(追記 2/28)
楽器の件、Instagramで「バイオリンやチェロを指で弾くピチカートっていう弾きかたじゃないか」ということを教えてくれた。

Youtubeで調べてみたらこれっぽい!
ワーイヽ( ̄▽ ̄)ノ



追記ついでに、2001年のオリコンスタイルにラブエンのインタビュー載っていたからセザワのことなんて書いてあるか見てみた。


ディレクターって誰やねんって思ってラブエンの歌詞カード見たら、ディレクターなんて表記はどこにも使われていないし、セザワだけプロデューサーの記載がないでやんの。(このアルバムの1曲目がセザワ)

(笑)と書いてあるところから推測すると、
もしや・・・。



Share This To :
新しい記事 以前の記事
 
Back to top!